図書館あすか
限界ゲージとは

ガス工事の施工に伴い、既設管に玉穴とバイパス用の穿孔を行いますが、穿孔用のHT(ホルソータップ)部と、スピンドルのメタルタッチにより、穿孔穴が変形することがある。穿孔のトラブルを防止する目的で、定期的にこのメタルタッチを確認する必要がある。

その確認方法として、「限界ゲージ」という工具が使われる。この工具は機械部品の仕上がり寸法を検査する測定器で、あらかじめその部品が許容され る寸法誤差範囲(許容限界寸法)を定め、その上限と下限のゲージをつくっておき、製品寸法がこの大小2つのゲージの間にあるかどうかを確認する。すなわち、その許容の限界を検査するゲージの意味から限界ゲージと呼ばれる。

この「限界ゲージ」をHTに差し込む。このとき赤線が見えればメタルタッチはない。穿孔が正しく行われると判断するためのゲージとして使用され、不合格の場合は、本体の交換が必要となる。

本棚へ
限界ゲージ合
合格の状態
不合格の状態