図書館あすか
トルクレンチ(作業用)
(1)導入の経緯

漏えい発生原因で大きなウエイトを占めるのは、ネジ接続部からの漏えいであり、漏えい時のお客さま対応が高度化、複雑化するなかにあって、ねじ工事品質の向上に向けて導入されたもの。東京ガス様からは、平成26年4月に施工班毎に作業用トルクレンチを配布・貸与し、日々の作業でトルクレンチを使用する事により、適正トルク値を確認するとともに施工者自身のトルク感覚を醸成するもの。

この仕組みの導入により、より一層のネジ接続部の品質向上と施工班技能向上を図ることが狙い。


(2)使用方法
  • 通常工具のパイプレンチを用いたねじ締め込み完了後に、作業用トルクレンチを用いて適正トルク値での締め込み確認を行う。(通常の締め込みでの作業用トルクレンチ使用も可とする。)
  • 規定トルクまで締め込んだ(「カチン」となった)後は、それ以上作業用トルクレンチで締め込まないこと。(破損の原因になる)
本棚へ
  • 作業用トルクレンチの適用範囲と仕様
    トルクレンチ種類(口径)25A、32A、40A、50A、80A 計5種類
    適用管種 白ガス管及び硬質塩化ビニル被覆鋼管(カラー鋼管)
    レンチヘッド 使用痕跡として特有の歯形が残る仕様(レンチに3mm幅の溝)
    設定トルク 25A(105N・m)32A(126N・m)40A(157. 5N・m)50A(210N・m)80A(315N・m)