図書館あすか
ワンタッチクランプとは

PE(ポリエチレン)管におけるEF継手融着作業を行うときには、「固定クランプ」を装着して管が動かないようにして作業を行います。この固定作業では、各継手ごとに定められたクランプがそれぞれ必要になります。

固定クランプの種類は三つあります。

  • ソケット・チーズ兼用クランプ
  • エルボクランプ(90°、45°、22°1/2、11°1/4)
  • サドルクランプ(50-75、100-150、200-300)

本管の場合、各種類ごとに最低2台ずつ用意することとなりますので、用意する工具類の数量が多く大変です。

そこで開発されたのが「ソケット・チーズ・エルボ」の3種類に対応できるクランプです。曲り管の状態に応じて自由に角度を変えることができる固定クランプです。

さらに、この工具の利点は、上からワンタッチでクランプを設置できることです。従来のように苦労して管下端に手を入れてセットする必要がなく、作業の効率化にもつながります。工具の名称は、上記のような理由から「ワンタッチクランプ」と呼びます。

本棚へ